・産後は骨盤が歪みやすい

・産後、腰痛や肩こりがひどくなった

・下腹部が出てきた

など、出産後の悩みを抱えている女性は多いのではないでしょうか?

 

産後の骨盤矯正は、出産後すぐにやればいいという訳ではありません。

タイミングを間違えると、体に痛みが起きるケースもあります。

 

今回は

・出産後骨盤が歪む原因

・出産後骨盤矯正を始めるタイミング

上記の2点をご紹介したいと思います!

 

 

なぜ出産すると骨盤が歪むのか?

出産をすると骨盤がどのような状態になるかというと

前傾といい骨盤が正しい位置よりも前に傾いてしまうことが

とても多いです。

 

㊧骨盤がまっすぐ立っている写真 ㊨骨盤が前傾している写真

㊧骨盤がまっすぐ立っている写真
㊨骨盤が前傾している写真

 

骨盤が前に傾いてしまう原因は大きく分けて2つあります。

 

①妊娠

1つ目は妊娠です。

約10ケ月間大きな赤ちゃんをお腹に抱えながら生活をするため

赤ちゃんの重みで骨盤が前に傾いてしまいます。

 

出産をした後も骨盤が前に傾くという状態が癖づいてしまいます。

 

 

②授乳・抱っこ

2つ目は授乳や抱っこなど育児に関わる動作です。

授乳や抱っこは長時間背中を丸めながら行うため

背中が丸まり猫背になってしまいます。

 

猫背の方はつま先に重心がかかりやすいため

その結果、骨盤も前に傾きやすくなります。

 

 

骨盤が歪んだ状態で生活をしてしまうと

・腰痛

・産後の体型の乱れ

・太りやすい

・尿漏れ

などのトラブルに繋がってしまいます。

 

 

骨盤矯正はいつから始めるべき?

骨盤矯正を始める時期は個人差はありますが

目安としては産後2ヵ月です。

 

出産の方法は

・自然分娩

・帝王切開

大きく分けると2つあり

自然分娩にも、会陰切開をする方しない方に分かれます。

 

出産をすると体内には目に見えない傷ができ

帝王切開や会陰切開をすると目に見える傷ができてしまいます。

 

その傷が治りきる前に矯正を行ってしまうと、傷口が開き

痛みや出血を起こしてしまいます。

 

 

骨盤矯正は産後いつまでにやるべき?

産後の骨盤矯正は、産後約2ヶ月経過したら開始できると上記でご説明しましたが、

理想は2ヶ月~半年以内に骨盤矯正を始められると、歪みを治しやすくなります。

 

出産する際、赤ちゃんが生まれやすくするために

ホルモンの影響で、骨盤周りの「筋肉」「靭帯」「関節」が柔らかくなり

その結果、骨盤が歪みやすくなってしまいます。

 

柔らかくなった骨盤周りの骨盤は約半年かけて硬くなります。

骨盤が柔らかい、出産後半年以内に矯正を行うことができれば

歪んでしまった骨盤を正しい位置に戻しやすくなり

正しい位置で骨盤をキープした状態で、産後半年を迎えることができれば

理想の位置で骨盤が固まってくれます。

 

最後に

今回は産後の骨盤矯正についてご紹介致しました。

いかがでしたでしょうか?

 

当院では骨盤矯正を行うだけではなく、治療効果を上げるセルフケアもお伝えしています。

また、歪みを整えることができる整体ショーツも販売しております。

 

整体ショーツについてご紹介しているブログもありますので

気になる方はこちらからご覧ください。

 

合わせてこちらもご覧ください

>>腰痛はショーツで治る?

 

 

 

電話からのお問い合わせはこちらから

044-861-6220

ホームページからのお問い合わせはこちらから

banar-net-yoko

アプリダウンロード方法

iPhoneの方

    

Androidの方

※AppStore/Google Play Storeで宮前まちの整骨院と入れていただくと、アプリが検索結果に反映されます