「長年腰痛に悩んでいるんです」

このような悩みを抱えて多くの患者様が当院に来院されます。
 
皆さんは、自分自身や、ご家族の腰をよ~く見たことがありますか?
 
 
腰のある部分を見れば、悪い部分が一発で分かるのです。
 
悪い部分が分かればご自宅でセルフケアをして、症状が強くなる前に予防ができます。
 
今回はどこを見れば悪いところが分かるのか、ご説明したいと思います。
 

 

何を見れば悪いところが分かるのか?

悪いところを見極めるポイントは2つあります。

 

①肌の色

1つ目は肌の色です。

腰痛持ちの方は、肌が黒くなっていることが多いです。

83321b5550ea921514d6380bef5bbe10-e1489659030177

赤の四角で囲っている場所が肌が黒くなっている部分

自分の腰の肌の色を見ることはなかなかないと思いますが、

もしご家族や周りの方に腰痛持ちの方がいたら、その方の腰を見てください。

 

肌の色が黒くなっている場所がありませんか?

黒くなる理由は、筋肉が固まるとその部分の血流が悪くなり

色素が沈着しやすいからです。

もし黒くなっているところがあったら、その部分を治療していく必要があります。

 

②皮膚の温度

2つ目は皮膚の温度です。

上記で、肌が黒くなっている部分は血流が悪くなるとご説明いたしました。

血流が悪くなると、その部分にある血液が冷えてくるのです。

 

自分の腰を1度触ってみてください。

周りの皮膚と比べて冷えているところはありませんか?

もし冷えている部分があったらそこが腰痛の原因になります。

 

 

ご自宅でできる腰痛改善のためのセルフケア

今回はご自宅で腰痛を改善するセルフケアを1つご紹介致します。

①タオルを用意する

蜀咏悄 2017-07-21 10 59 55

②バスタオルを半分に折る

蜀咏悄 2017-07-21 11 01 04

③バスタオルをくるくる巻く

写真 2017-07-21 19 39 22 (1)

④くるくるタオル完成

蜀咏悄 2017-07-18 17 10 39

⑤背中の下にタオルを入れる

蜀咏悄 2017-10-21 17 07 06

⑥この状態で2分間キープする

 

 

背中の下にバスタオルを入れる時は、背中の筋肉が伸びて一番気持ちいいところに置いて行ってみて下さい。

バスタオルを巻く際は直径10㎝の大きさにしてストレッチを行うのがオススメです!

 

1日1セットお風呂上がりなどに行ってみて下さい!

このストレッチを行うことで背中や腰の筋肉をストレッチできて

固まっている筋肉を伸ばすことができます。

ご家族の皆さんでぜひ行ってみて下さい!

 

最後に

今回は腰痛を見極めるポイントについてご紹介致しました。

今回は腰痛に例えてご説明いたしましたが、肩こりなども同じような症状が出ます。

当院は、腰痛治療が得意なスタッフが多くいますので、ぜひお気軽にご相談ください!

 

身体に違和感や痛みが少しでもあったら、早期に治療を開始して

症状が悪化することを予防していきましょう!

 

 

電話からのお問い合わせはこちらから

044-861-6220

ホームページからのお問い合わせはこちらから

banar-net-yoko

アプリダウンロード方法

iPhoneの方

    

Androidの方

※AppStore/Google Play Storeで宮前まちの整骨院と入れていただくと、アプリが検索結果に反映されます