「膝に水が溜まったらすぐに抜いたほうがいい」

「膝の水を抜いたら癖になる」

このような会話を聞いたことはありませんか?

結論からお伝えすると、膝に溜まった水を注射で抜かない方がいいです。

今回はなぜ膝に溜まった水を抜かない方がいいのか、ご説明したいと思います。

なぜ膝に溜まった水は抜かない方がいいのか?

なぜ、膝に水が溜まるか考えたことはありますか?

膝に水が溜まる時いろんな症状も一緒に出てくると思います。

・歩いたり、膝を曲げると痛い

・腫れている

・膝が曲げにくい

このような症状が出てくると思います。

膝に水が溜まるとき、膝がどんな状態かというと、炎症が起きて熱がこもっている状態です。

身体は膝の熱を取ろうと冷やそうとして、膝に水を溜めます。

注射などで水を抜いてしまうと、熱はまだ膝にあるのに冷やすための水がなくなってしまうため

身体はまた水を溜めようとします。

膝の水を抜いたら癖になるというのは上記に述べたことが原因になります。

膝に水が溜まったらどうすればいいのか

当院では膝に溜まった患者様に行っていることは2つあります。

①超音波

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-14-21-25-11-1

超音波を使う理由は2つあります。

①痛みを取る

超音波を使い炎症を取り痛みを取っていきます。

膝を動かすと、膝のどこかに痛みが起こります。痛みがどこに起きているのか場所を特定し

痛みが起きている筋肉や靭帯などに向かって超音波をかけていきます。

②水分を体外に飛ばす

超音波は細かい振動を体内に与え、症状を取っていく機械になります。

水が溜まった膝に超音波を当てると、細かい振動が水に伝わり、体外に水を飛ばすことができます。

 

超音波を行うと炎症を取りながら水を抜くことができるので、水が再び溜まるということを防ぐことができます。

 

②固定

膝に限らず痛みがある時は固定をして痛みの出る動きを制限させた方が治りは早くなります。

痛みが起こる動作を繰り返してしまうと、炎症が強くなり痛みも強くなってしまいます。

痛みが強くならない為にも固定をする必要があります。

当院では晒を巻いて固定をしています。

晒はテーピングやサポーターよりも固定力が強いため、晒を巻くと膝はほとんど曲げられなくなります。

最初は膝が曲げられす違和感が強いと思いますが、しっかりと固定した状態で過ごすことができれば治りが早くなります。

最後に

今回は膝の水についてご紹介致しました。

注射で水を抜くと、抜いた直後は楽になるかもしれませんが、時間が経つと再び水が溜まり痛みも強くなります。

膝の水は抜く必要はありますが、炎症も一緒に取っていく必要があります。

長年膝の痛みでお困りの方が周りにいらっしゃいましたらぜひ一度ご相談ください!

 

 

電話からのお問い合わせはこちらから

044-861-6220

ホームページからのお問い合わせはこちらから

banar-net-yoko

アプリダウンロード方法

iPhoneの方

    

Androidの方

※AppStore/Google Play Storeで宮前まちの整骨院と入れていただくと、アプリが検索結果に反映されます