宮前まちの整骨院には手のしびれに悩まれている方が多く来院されます。

今回はブログを3回に分け手のしびれについてご紹介しています。

前回は、胸郭出口症候群(きょうかくでぐちしょうこうぐん)についてご紹介しました。

まだ、ご覧になられていない方はこちらからご覧ください。

今回は肘部管症候群(ちゅうぶかんしょうこうぐん)についてご紹介します!


肘部管症候群とは?

肘部管症候群は、尺骨神経(しゃっこつしんけい)が圧迫されることにより発症します。

尺骨神経は、尺骨神経溝(しゃっこつしんけいこう)という肘の近くにある溝を走行しています。肘を曲げると引き伸ばされ、尺骨神経溝にこすられる状態になります。

尺骨神経溝の表面は薄い皮膚しかないため、外部からの衝撃や圧迫の影響を受けやすいのです。また、骨折などの原因で骨が変形し、尺骨神経を刺激して症状が出る場合もあります。


症状

症状は、しびれの進行により変わってきます。

初期症状は、小指と薬指にしびれが起きます。

症状が進行すると、手のひらの筋肉が痩せてきたり、小指と薬指の変形が起きます。


原因とは?

肘の内側にある尺骨神経が慢性的に筋肉に圧迫されたり、肘を曲げ伸ばしする際に尺骨神経がけん引されることで起こります。

代表的な原因としては以下のものがあります。

・加齢による肘の変形
・骨折による肘の変形
・野球やソフトボールなどのスポーツ
・靭帯やガングリオンよる圧迫
 (ガングリオンとは、ゼリー状の物質が詰まった腫瘤。大きさは米粒大のものからピンポン玉のものなど様々あります。)



整骨院でのチェック方法は?

ティネルサイン

肘の内側を軽く叩くと小指と薬指のしびれが出ます。

ティネルサインで陽性になった方は、肘部管症候群の可能性がとても高いです。


治療法は?

肘部管症候群の治し方を簡単に説明すると「尺骨神経に負担をかけている筋肉を緩める」ことです。

宮前まちの整骨院では、筋肉を緩める方法は3つあります。

①マッサージ

マッサージで固まっている筋肉を緩めていきます。

②鍼

鍼を使うと、体内に小さな傷ができます。体内に傷ができると身体は傷を治そうという働きが強くなります。その働きを使い尺骨神経に負担をかけている筋肉を緩めていきます。

③超音波

超音波を使い、患部に細かい振動を流していきます。

細かい振動を流すことで患部の血流を上げ、尺骨神経に負担をかけている筋肉を緩めながら、しびれを治す力を上げていきます。

上記の3つの方法が宮前まちの整骨院で行っている治療法です。

肘部管症候群の原因に、「骨折による変形」「ガングリオンなどの圧迫」があります。

筋肉を緩める治療法を行っても、効果が出ない、症状が悪化する場合は、手術を行い変形している骨を削る、ガングリオンを除去する必要があります。


最後に

今回は肘部管症候群についてご紹介しました。

いかがでしたでしょうか?

皆さまの周りで、手のしびれに悩まれている方がいらっしゃいましたら

ぜひ、宮前まちの整骨院にご相談ください!

合わせてこちらもご覧ください。

>>手のしびれの原因とその治療法について ①頚椎症

>>手のしびれの原因とその治療法について ②胸郭出口症候群

宮前まちの整骨院-ネットからのご予約-24時間受付中

🔽LINE@登録はこちら