「鍼って痛くないの?」

当院に来院される方は、鍼治療を受けたことがない方がとても多く、「鍼は痛い」というイメージが強いようです。

怖い、痛いというイメージがある鍼ですが、これをうまく使うと治療効果は高くなります。

今回は、

なぜ鍼を使うと治療効果が高くなるのか

をご説明したいと思います。

 

 

鍼って本当に痛くないの?

治療効果が上がると言っても、鍼は痛いというイメージを変えないと、受けようとは思って頂けないと思うので、

まずは鍼がどんなものなのかご説明しますね。

 

鍼の太さは種類によって様々ですが、髪の毛よりも細く作られているのが一般的です。

 

鍼と聞くと、注射針をイメージされるのか、鍼治療も痛いというイメージを持っている方がとても多いのですが、

注射針は液体を抜いたり入れたりするので、針が太く、鍼先も鋭く作られています。

 

一方、鍼治療で使う鍼は細く、針先は丸く作られているため、鍼を打った時の痛みはほとんどありません。

「え、もうやったの?」という程度の痛みです。

 

鍼にも種類があり、鍼灸師が患者さまの体格や症状に合った太さ・長さの鍼を選びます。

 

 

鍼を打つとどうなるのか?

鍼を打った際に、体内に起きる効果が2つあります。

①体内に小さな傷をつける⇒傷などを集中的に治す

人間の身体は、傷をつけられたときに脳から「傷を治せ」という成分が分泌されます。

エンドルフィン、エンケファリン、ダイノルフィンという神経伝達物質です。

鍼を打つと、その打った部分に小さな傷がつき、意図的に治す成分を集めることができるので、

その成分を使いながらケガを治していきます。

 

・寝違え

・ギックリ腰

・肉離れ

等に効果的です!

 

 

②血流を上げる⇒筋肉がほぐれる

慢性的な肩こりや腰痛をお持ちの方は、筋肉がガチガチに固まっていることがとても多く、

固まっている筋肉の付近は血流が悪いため、患部に疲労物質が溜まりやすくなります。

その結果、筋肉が固まり慢性的腰痛や肩こりに繋がってしまいます。

 

鍼を打つと患部の血流が上がり、新しい血液が患部に流れるようになるため、

固まった筋肉がほぐれ、肩こりや腰痛を改善することができます。

 

このように、鍼には実証された良い効果があります。

 

マッサージや、超短波などの機械を使って治療するだけではなく

鍼を組み合わせることで施術効果を上げて、症状を早く改善することができます。

 

 

最後に

当院に来院される患者様は鍼を経験したことがなく、「当院で初めて鍼治療を受ける」という患者様がとても多いです。

イメージされるよりも鍼は痛いものではありませんので、ぜひ検討してみてください。

 

女性の鍼灸師も在籍しているので、女性のお客様にも安心して鍼治療を受けていただけます。

鍼治療に興味のある方は、宮前まちの整骨院にお気軽にご相談ください!

 

 

電話からのお問い合わせはこちらから

044-861-6220

ホームページからのお問い合わせはこちらから

banar-net-yoko

アプリダウンロード方法

iPhoneの方

    

Androidの方

※AppStore/Google Play Storeで宮前まちの整骨院と入れていただくと、アプリが検索結果に反映されます