今シーズンからメジャーリーグで活躍している、エンゼルスの大谷翔平選手。

「大谷選手のようになりたい!」と、大谷選手に憧れて野球をやっているという子供たちも多いのではないでしょうか?

 

大谷選手は現在、打者として活躍をしていますが、投手としてはリハビリ中。

肘の怪我からの復帰を目指していると報道されました。

 

肘を怪我した直後、大谷選手はPRP療法という治療を受けています。

 

PRP療法という言葉を聞くのは初めて、という方が多いと思います。

PRP療法とはどのような治療法なのか、どのような効果があるのか?

今回はPRP療法についてご紹介したいと思います。

 

 

PRP療法とは?

PRP療法を一言で説明すると、「痛めている部分の治癒力を高める」効果がある治療法で、再生医療の一種です。

 

傷を治す際は、「血小板」という成分が重要になってきます。

すり傷を作ってしまった後、「かさぶた」が出来てきますよね。

このかさぶたは、体内にある血小板が傷ついた部分に集まり、傷を治してくれているしるしなのです。

血小板が少ない方は、かさぶたをなかなか作ることができず、血か止まるまでに時間がかかってしまうため

傷を治すのに時間も長くなってしまいます。

 

PRP療法では、痛めたところに注射で血小板を注入して治療を行っていきます。

大谷選手で例えると、右肘の内側側副靭帯という場所を痛めているため、そこに血小板を注入していきます。

その結果、内側側副靭帯の傷を治す力、つまり自己修復力を高めることができるのです。

 

今回の大谷翔平選手の怪我は、最悪の場合、手術が必要になるかもしれません。

手術をした場合、リハビリ期間を含め復帰まで1年以上かかってしまうと予想されますが、

PRP療法で良い治療効果が出た場合は、早期復帰が見込めるでしょう。

 

日本ではあまり馴染みのない治療法、PRP療法ですが、アメリカやヨーロッパなどではよく行われており、

多くのスポーツ選手が受けている治療方法です

 

 

整骨院でもPRP療法を受けられるのか?

PRP療法は、整形外科や大学病院などの専門機関では受けることができますが、

整骨院ではPRP療法を受けることはできません。

 

しかしPRP療法の効果に近い治療内容を受けることができるので、ご紹介します。

 

当院には超音波を使った治療方法をご用意しています。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-14-21-25-11-1

①痛みを起こしている成分を体外に分散させることで治癒を促進させる

②痛みが起きている部分の血流を上げる(新しい血液を流すことによって、血小板をたくさん集め治癒を促進させる)

 

超音波には上記に述べた効果があり、

ほかにも

・靭帯の損傷

・捻挫

・肉離れ

・寝違え

等に有効です。

 

また、骨折の治療にも効果があります。

 

超音波で骨に細かい振動を加えることで、骨の修復を促すことができます。

こまめに超短波をあてることによって、完治するまでの時間を短縮することが可能です。

 

最後に

今回は大谷選手が受けた、PRP療法についてご紹介致しました。

いかがでしたでしょうか?

 

大谷選手が痛めた肘の怪我だけではなく、怪我は早くこまめに治療を行うことで、早期復帰をすることが可能です。

身体の痛みや、違和感を感じたらぜひ「宮前まちの整骨院」にご相談ください!

 

 

野球肘についてご紹介しているブログ記事もありますので、あわせてご覧ください。

>>野球肘の原因は○○だった?

 

 

 

 

電話からのお問い合わせはこちらから

044-861-6220

ホームページからのお問い合わせはこちらから

banar-net-yoko

アプリダウンロード方法

iPhoneの方

    

Androidの方

※AppStore/Google Play Storeで宮前まちの整骨院と入れていただくと、アプリが検索結果に反映されます