サッカーや陸上など、走ることが多いスポーツや

バスケやバレーボールなど、ジャンプすることが多いスポーツをしている

小学生、中学生に多い、オスグット(膝に痛みが出る)。

「オスグットは成長痛だから痛くなってもしょうがない」

というイメージを持っている方が多いですが、オスグットは予防することできます。

また、オスグットになってしまった方でも、適切な治療と自宅でのケアができれば早く痛みを取ることができます。

 

今回は、なぜオスグットになってしまうのか、また、オスグットの予防策についてご紹介したいと思います。

 

オスグットの原因

膝にある脛骨粗面という場所に痛みが出てしまいます。

下記の写真の赤い丸の辺りに痛みが出ます。

546531

痛みが起きてしまう原因となるのは、太ももの前側にある大腿四頭筋という筋肉です。

大腿四頭筋というのは

・大腿直筋

・外側広筋

・内側広筋

・中間広筋

この4つの総称を大腿四頭筋といいます。

大腿四頭筋は走るときにももを上げたり、ジャンプする時に使う筋肉であり、

上記に述べた脛骨粗面に大腿四頭筋の始まり部分が腱となってついています。

走りやジャンプを繰り返していると大腿四頭筋が硬くなりやすくなり

脛骨粗面についている腱にかかる負担が大きくなります。

負担をかけ続けた状態で運動を続けると痛みに繋がってしまいます。

オスグットの治療方法

オスグットを治療するためには大きく分けて2つの治療方法があります。

①超音波で腱を緩め、炎症を取る

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-14-21-25-11-1

超音波を使いながら炎症を抑え、痛みを取りながら、脛骨粗面についている大腿四頭筋の腱を緩めていきます。

超音波は固まっている筋肉や腱を緩めることが得意な機械なためオスグットの治療にはとても有効的です。

②大腿四頭筋の硬さを取る

超音波で痛みが起きている部分の炎症を取っても、大腿四頭筋の硬さを取らない限りは

痛みが治まることはありません。

ストレッチやマッサージで大腿四頭筋を緩めていきます。

 

 

ご自宅でできる簡単なセルフケア

今回はご自宅でできる簡単なセルフケアを1つご紹介致します。

①壁に手をつき伸ばしたい方の足首を持つ

 

蜀咏悄 2017-09-08 13 46 58

②足首を背中の方に上げる

蜀咏悄 2017-09-08 13 47 01

③このストレッチを10秒行う

 

このストレッチを行う時に注意して頂きたいことが1つあります。

下記の写真の様に足が開いてしまうとストレッチが全く意味がなくなってしまいます。

蜀咏悄 2017-09-08 13 48 08

足を閉じた状態でストレッチを行ってみて下さい!

蜀咏悄 2017-09-08 13 48 05

ストレッチは30秒以上できるのが理想ですが、30秒やるが大変という方もいらっしゃいます。

正しい形で行うことができれば10秒でも効果を出すことができます。

自身にあった秒数で継続してストレッチを行ってみて下さい!

最後に

今回はオスグットについてご紹介致しました。

オスグットは早期に治療を開始することで痛みを短い時間に抑えることができます。

周りの方でオスグットになってしまった方がいらっしゃいましたらぜひご相談ください。

 

電話からのお問い合わせはこちらから

044-861-6220

ホームページからのお問い合わせはこちらから

banar-net-yoko

アプリダウンロード方法

iPhoneの方

    

Androidの方

※AppStore/Google Play Storeで宮前まちの整骨院と入れていただくと、アプリが検索結果に反映されます