ギックリ腰を何度も繰り返している方、慢性的な腰痛が長く続いている方

腰痛で悩まれている方はたくさんいらっしゃると思います。

コルセットをつけて生活をする。腰痛に悩まれている方は一度は経験があるのではないでしょうか?

痛みがあるときはコルセットをつけて腰の負担を軽減し早く痛みを取れるようにし、

痛みが取れたらコルセットを外し、目には見えないコルセットをつける。

腰痛を予防するためには、骨盤や姿勢の歪みを治すことも大切ですが、目に見えないコルセットも大事になってきます。

今回は目に見えないコルセットとは何なのか、ご説明したいと思います。

 

なぜ腰痛になるのか?

腰痛の原因は骨盤の歪みや猫背が原因になることがとても多いですがもう一つ原因があります。

それは、筋力低下です。

筋力が落ちるとなぜ腰痛になるのか?

まずは筋肉の構造から説明したいと思います。

筋肉は表層にあるアウターマッスル、深部にあるインナーマッスルの2層構造になっています。

・アウターマッスル

アウターマッスルは運動する時に働く筋肉で、力こぶなど目で見える部分になります。

3a3f0bf953ce682577325ecb00cf7591_s

・インナーマッスル

インナーマッスルは、座っている時、立っている時、寝ている時など姿勢を維持する時に働く筋肉です。

蜀咏悄 2017-08-08 17 11 29

インナーマッスルが低下してしまうと正しい姿勢が維持できず姿勢が歪んでしまいます。

その結果、骨盤が歪んでしまったり、姿勢が悪くなり腰痛の原因になってしまいます。

インナーマッスルが強いと姿勢や骨盤を正しい位置で維持できるため、腰にかかる負担を軽減することができます。

上記で述べた目に見えないコルセットいうのは、インナーマッスルです。

腰痛を予防するためにはインナーマッスルをつけて、腰を支えられるようにしましょう。

トレーニング方法

筋肉は使わなければ、どんどん筋力が低下してしまいます。

今回はインナーマッスルを鍛えることができるトレーニング方法を1つご紹介したいと思います。

①手と足を肩幅に開きます。

蜀咏悄 2017-08-25 19 10 50

②身体が一直線になるようにキープする。

蜀咏悄 2017-08-25 19 10 56

この時腰を反ってしまったり

蜀咏悄 2017-08-25 19 10 58

腰が上がったりしないようにして下さい

蜀咏悄 2017-08-25 19 11 01

腰を反ったり上げたりしてしまうと腰に負担がかかってしまうため、注意して下さい。

1日1回30秒を目安に行って下さい。

30秒が物足りない方、30秒が厳しい方はご自身に合った時間で行うようにして下さい。

トレーニングが苦手な方へ

トレーニングは地味でキツイ内容のトレーニングがとても多いです。

そのため、トレーニングが苦手な方、なかなか続けられない方もいらっしゃると思います。

トレーニングが苦手という理由でトレーニングをしないと、筋力は落ちてしまいます。

そんな方に向けて、ほっトレというメニューを皆様にオススメをしています。

ホットレ

30分間横になるだけで腹筋9000回と同じ効果を得ることができます。

ほっトレについてご紹介している記事もありますので

気になる方はこちらからご覧ください。

最後に

今回は腰痛を予防するために必要なことについてご紹介致しました。

筋力は年齢関係なく、継続してトレーニングを行うことで筋力アップすることができます。

当院のスタッフは皆様に合うトレーニング方法をお伝えすることもできます。

トレーニング方法で悩まれている方はスタッフまでお声掛けください!

また、当院では姿勢のチェックも行っています。

骨盤の歪みや猫背が気になっている方はお気軽にご相談ください!

電話からのお問い合わせはこちらから

044-861-6220

ホームページからのお問い合わせはこちらから

banar-net-yoko

アプリダウンロード方法

iPhoneの方

    

Androidの方

※AppStore/Google Play Storeで宮前まちの整骨院と入れていただくと、アプリが検索結果に反映されます