「なかなか腰痛が治らない」

「食事制限を体重が落ちない」

「足の冷えやむくみが気になる」

このようなお悩みをされている方はとても多いと思います。

この場合、身体の筋力が低下している可能性があります。

今回は筋力低下がなぜ身体に影響を与えるのかご紹介したいと思います。

筋力低下するとどうなるのか

まずは筋肉の構造から説明したいと思います。

筋肉は表層にあるアウターマッスル、深部にあるインナーマッスルの2層構造になっています。

アウターマッスルは運動する時に働く筋肉で、力こぶなど目で見える部分になります。

3a3f0bf953ce682577325ecb00cf7591_s

アウターマッスルは、座っている時、立っている時、寝ている時など姿勢を維持する時に働く筋肉です。

蜀咏悄 2017-08-08 17 11 29

上記で説明した通り、インナーマッスルは姿勢を維持する筋肉です。

インナーマッスルが低下してしまうと姿勢が歪んでしまいます。

姿勢が歪むと身体に負担がかかり、腰痛や肩こりなどの痛みが出てきます。

筋力が低下すると痛み以外にも身体に与える影響が3つあります。

1つ目は瘦せにくくなります

原因は2つあります。

1つ目は内臓の機能低下です。

140926

インナーマッスルが低下してしまうと姿勢が歪んでしまい、内臓を圧迫してしまう為、内臓機能が低下してしまいます。

その結果痩せにくくなります。

2つ目は基礎代謝量の低下です。

基礎代謝量とは、1日で最低限消費できるカロリー量の事を言います。

カロリーを消費するためには筋肉が働く必要があります。

インナーマッスルはアウターマッスルと違い、一日中働いている筋肉の為インナーマッスルが低下してしまうと、基礎代謝量が低下してしまう為痩せにくくなります。

2つ目は身体の冷え

凍える

身体の冷えで悩まれている方で、特に多いのが足の冷えだと思います。

血液の流れをイメージして下さい。

心臓から暖かく栄養などが含まれている血液が全身に送られます。

そして、全身から冷たい血液が心臓に戻ってきます。

心臓から送られる血液は心臓のポンプ作用で送られるのですが、全身から血液を心臓に戻す為には、筋肉が収縮する必要があります。

足の冷えで重要になってくるのがふくらはぎです。

立っている時など、重力に逆らって心臓に血液を戻さないといけない時間は一日の中でとても多いです。

ふくらはぎの筋力が低下してしまうと血液を心臓に戻せない為冷えた血液が足に溜まってしまい、足が冷えてしまったり、足がむくんでしまったりしてしまいます。

3つめはつまずきやすくなります。

557037m

頭では段差を越える為の必要な高さを理解していても、筋力が低下している為必要な高さまで上げられない為つまずいてしまいます。

その結果転倒し怪我をしてしまうことがあります。

 筋力低下を防ぐためには

今回簡単にできるトレーニングとトレーニング後に行って頂きたいことをご紹介致します。

①ウォーキング

17cc3da1d3586fece5798dc989f1514b_s

ウォーキングは下半身全体の筋肉を鍛えることができます。

20分以上行うと脂肪を燃焼する事もできる為ダイエットにも繋がります。

②ふくらはぎのトレーニング

①壁などにつかまり身体を支える。

蜀咏悄 2017-08-25 19 10 14

②かかとを上げる。

蜀咏悄 2017-08-25 19 10 17

③かかとを下ろす。

蜀咏悄 2017-08-25 19 10 22

この時に踵を床につけるのではなく、床にギリギリつかない所で止めるようにして下さい。

このトレーニングを1日10回を1セット行うようにして下さい。

10回を行うのが辛い方、物足りない方は自分に合った回数を行って下さい。

③体幹トレーニング

①手と足を肩幅に開きます。

蜀咏悄 2017-08-25 19 10 50

②身体が一直線になるようにキープする。

蜀咏悄 2017-08-25 19 10 56

この時腰を反ってしまったり

蜀咏悄 2017-08-25 19 10 58

腰が上がったりしないようにして下さい

蜀咏悄 2017-08-25 19 11 01

腰を反ったり上げたりしてしまうと腰に負担がかかってしまう為注意して下さい。

1日1回30秒を目安に行って下さい。

30秒が物足りない方、30秒が厳しい方はご自身に合った時間で行う様にして下さい。

トレーニングをした後

トレーニングをした後に行って頂きたい事を2つあります。

①たんぱく質を摂取する事です。

筋肉を大きくするために必要になる栄養素になります。

タンパク質が含まれている食べ物を摂取する事によってトレーニングの効果が高まります。

タンパク質が多く含まれている食べ物

・納豆

a94f677d0b30e947a6e63aab2cef7288_s

・鮭

7712f7710bdc891557663674c19414c6_s

・卵

d388b71e77c7ac1dc9dc649c3ca0ab65_s

・豆腐

41f1a950da5b1975ad8d2922fd65603a_s

・豚肉

b242d20647336256600b74d8e1d004af_s

②筋肉を休ませる

筋肉はトレーニングをすることにより、筋肉の線維が切れます。

この時に起こるのが筋肉痛です。

筋肉痛の状態でトレーニングをしても筋力は上がりません。

筋力を上げる為には筋肉を休ませる時間が必要になってきます。

線維が切れた筋肉は2~3日かけて修復します。

筋肉が修復する際に筋肉は大きくなります。

トレーニングは2~3日に一度のペースが理想になります。

最後に

「怪我をしていてトレーニングができない」

「筋トレがめんどくさい」

いままで筋トレをしようと思っていても続けることができなかった方がいらっしゃると思います。

当院では30分横になるだけで筋トレができるほっトレというメニューがあります。

筋トレを出来るだけではなくダイエットにも効果的です。

1ヵ月半続けてウエスト-13.5cmという結果を出された方がいらっしゃいます。

ほっトレの体験を受付しているので、気になる方はぜひご連絡下さい。

ホットレ

電話からのお問い合わせはこちらから

044-861-6220

ホームページからのお問い合わせはこちらから

banar-net-yoko

アプリダウンロード方法

iPhoneの方

    

Androidの方

※AppStore/Google Play Storeで宮前まちの整骨院と入れていただくと、アプリが検索結果に反映されます