「出産後は骨盤が歪む」

このようなことを聞いたことがある方はとても多いと思います。

今回は骨盤の歪みが身体に与える影響と予防策をご紹介したいと思います。

骨盤の歪みとは

骨盤は身体の土台になるため、とても重要な部分になってきます。

土台になる骨盤が歪んでしまうと身体全体に歪みが発生し、腰痛、肩こり、頭痛などの症状を引き起こします。

骨盤の歪みと言うのは、骨盤の形が変形しているのではなく、骨盤が本来あるべき位置からずれていることを言います。

なぜ骨盤が歪むのか

日常生活や仕事での動作が原因と言われています。

骨盤の歪みを治しても原因の動作を改善しないと、再発しやすいのです。

骨盤が歪みやすい動作をご紹介します。

・椅子に座っている時、脚を組む

・椅子に寄りかかって座る

・肩かけのバックを持つ

・片足に重心を乗せて立つ

いかがでしたか?

ご自身に当てはまる動作はありましたか?

無意識に行ってしまう動作もあると思います。

こういった動作を続けてしまうと、筋肉や関節が誤った位置で固まってしまいます。

その結果骨盤の歪みが出てしまいます。

骨盤が歪むとどうなるのか

上記で説明した通り、骨盤は身体の土台になる部分です。

骨盤が歪んでしまうとどのような症状が出てくるのかご紹介します。

①腰痛

腰痛を起こす方の骨盤はどのようにずれているのかを、2種類ご紹介します。

1つ目は前傾と言って正しい位置より前に骨盤が傾いている形になっています。

次の写真をご覧ください。

写真 2017-08-10 17 21 17

左側の写真は骨盤がまっすぐ立っている、正しい位置になります。

しかし、右側の写真は前傾している状態になっています。

これは、背中にある脊柱起立筋という筋肉と、ももの前側にある大腿直筋という筋肉の硬さが原因で起こります。

骨盤が前傾していると腰が常に反っている状態で日々生活をしていることになります。

腰が反っていると腰の筋肉が緊張し負担がかかっている状態が続きます。

このような状態が続くと腰の筋肉が硬くなり、動きが悪くなります。

腰の動きが悪い中で無理に腰を動かそうとすると筋肉に炎症が起き痛みを感じるようになるのです。

 

2つ目は後傾と言って正しい位置より骨盤が後ろに傾いている形になっています。

次の写真をご覧ください。

写真 2017-08-10 17 34 48 (3)

左側の写真は骨盤がまっすぐ立っている、正しい位置になります。

右側の写真は骨盤が後傾している状態になっています。

骨盤が後傾する原因はお尻の大殿筋という筋肉の筋力低下です。

大殿筋の筋力が低下してしまうと、骨盤をまっすぐ支えることができなくなります。

その結果骨盤が後傾してしまいます。

大殿筋が上手く使えないと、ももの裏側の筋肉(ハムストリングス)で代用するため負担がかかり硬くなってきます。

ハムストリングスの硬さが腰痛に繋がるというイメージができない方が多いと思います。

日常生活の動作に例えてご説明したいと思います。

立っている姿勢から足元の物を取ろうとする動作をイメージしてみて下さい。

この動作を前屈と言います。

前屈で正しい身体の使い方は、まずはハムストリングスが伸びます。

次に腰の筋肉が伸び、足元の物を掴むという動きになります。

ハムストリングスが硬いとどんな身体の使い方になるでしょうか。

ハムストリングスが伸びないため腰の筋肉の柔軟性だけで足元まで手を伸ばさないといけません。

このような動きを続けていると、腰に負担をかけてしまいます。

物を持ちあげた時に腰を痛めた経験のある方は、原因の1つにハムストリングスの硬さが考えられます。

②筋力低下

筋肉には2種類あります。

1つ目はアウターマッスルです。

a915b3e0c728ea1369d7adcf8b3ab712_s

アウターマッスルは運動をする時に働く筋肉で、力こぶなど目に見える筋肉になります。

2つ目はインナーマッスルです。

インナーマッスルは姿勢を維持する時に働く筋肉です。

蜀咏悄 2017-08-08 17 11 29

座っている時立っている時寝ている時など日常生活の中でインナーマッスルを使っている時間はとても多いです。

インナーマッスルが低下すると正しい姿勢を維持できません。

上記で説明した通り、骨盤が歪んでしまうと姿勢も歪み猫背になってしまいます。

猫背になってしまうと姿勢を維持するときに使うインナーマッスルがうまく使えなくなってしまいます。

その結果、筋力低下に繋がってしまいます。

③月経異常

骨盤が歪んでいる方の中には月経異常を起こす方がいらっしゃいます。

骨盤が歪むと子宮が圧迫され、正しい働きができなくなのです。

その結果、生理不順やひどい生理痛に繋がります。

 

予防策

・ストレッチ

①ハムストリングスのストレッチ

まっすぐ立ちます。

蜀咏悄 2017-08-08 16 22 00

 

床に手を近づけます。

蜀咏悄 2017-08-08 16 22 06

このストレッチは床に手が付くのが理想ですが、膝を曲げてしまうと効果が低くなってしまいます。

蜀咏悄 2017-08-08 16 22 12

硬い方は伸ばせる所まででいいので、しっかり膝を伸ばして行ってください。

②お尻のストレッチ

伸ばしたい方の外くるぶしを反対の足の膝に乗せます。

蜀咏悄 2017-08-08 16 25 31

すねと胸を近づけます。

蜀咏悄 2017-08-08 16 25 40

すねと胸を近づける時に背中を丸めて近づけようとすると効果が低くなってしまいます。

硬い方は近づけられる所まででいいので、背筋を伸ばして行うようにしてください。

③ももの前のストレッチ

まっすぐ立ちます。

蜀咏悄 2017-08-08 16 22 57

伸ばしたい方の足首を持ちます。

蜀咏悄 2017-08-08 17 10 38

足首を背中の方に上げます。

蜀咏悄 2017-08-08 17 10 42

このストッレチを行う時に膝が開いてしまうと効果が低くなってしまいます。

蜀咏悄 2017-08-08 16 23 09

膝を開かないように意識して行って下さい。

蜀咏悄 2017-08-08 16 23 06

以上3つのストッレチをお風呂上りなどに30秒ずつ行って下さい。

・座り方

特に、お仕事がデスクワークの方は椅子に長い時間座っていると思います。

椅子に座っている時に注意して頂きたいことが3つあります。

①足を組んで座らない

②背すじを伸ばして座る

③腰の位置より膝を低くする

この3つのことを意識して座ると予防に繋がります。

治療方法

写真 2017-08-10 17 34 48 (3)

骨盤の歪みを治すためには上記の右側の写真から、左側の写真の骨盤の位置に治す必要があります。

当院で行っている治療法は骨盤矯正です。

矯正は骨をボキボキ鳴らして治すイメージを持っている方もいらっしゃると思います。

当院の骨盤矯正はストレッチとマッサージを組み合わせて行うので、気持ち良く受けて頂けると思います。

骨盤矯正後はスッキリして頂けます。

最後に

当院では8月31日まで骨盤矯正キャンペーンを行っています。

キャンペーンの対象になる方は当院ご利用が初めての女性の方になっています。

通常初診料込で6000円のところ、3000円で受けて頂けます。

慢性的な腰痛やご自身の姿勢などお困りの方はお気軽にご連絡下さい。