こんにちは

気温の上がり下がりが激しい日々が続いていますね。

 

当院でも体調不良を訴えて来院される方が増えています。

気温の変化や普段の姿勢など体調不良の原因はいろいろありますが、

その中の一つに「枕の高さが合っていない」と言う事があります。

そこで今回は、意外と知られていない枕の高さの重要性について書いていきたいと思います。

 

枕の高さの違い

 

高さが高い枕

例えば、高さの高い枕を使用している場合です。

睡眠②

顔が前に出て苦しそうですね。

 

また、赤い線で表した重心も真っ直ぐではなく、乱れていますね。

この時、首の状態は、、、

首 上

後ろへの反りが強くなっています。

この状態では、首の骨と骨の間でクッション材の役割をしている「椎間板」にかなりの負担がかかっています。

また、首の後ろの筋肉肩の筋肉にも負担がかかり、肩こりの原因にもなります。

 

 

高さの低い枕

枕 ③

顎が上に向いて辛そうですね。

 

また、赤い線で表した重心も真っ直ぐではなく、乱れていますね。

この時の首の状態は、、、

首 下

首の前への反りが強くなっています。

この状態では、首の骨と骨の間にある関節「椎間関節」や首の前の筋肉に負担がかかり、首の動きに支障をきたしてしまいます。

疲れをとるために睡眠をとったはずなのに、合わない枕を使ったがために、

かえって身体の不調をきたしていまう。

この状況を打破するためには、高さの合った枕を使用することが大切になってきます。

 

適切な枕の高さの基準

高さの合う枕を選ぶとこのようになります。

睡眠①

赤い線で示したように身体の重心が一直線上にあるのが理想です。

 

また、横向きで寝た時の場は、、、                   写真 2016-06-01 11 23 00

おでこ一直線上にあるのが理想です。

 

この時、首の状態は、、

首 正しい

負担のかかりにくい、正しい位置になっています

 

最後に

枕高さを適性な高さにするだけで、

身体への負担も減ります。

負担のない姿勢で寝ることで、身体の疲れがとれやすい質の高い睡眠がとれるようになります。

また、寝違いを防ぐこともできます。

 

睡眠の質でお困りの方、これをきっかけに、枕について考えてみるのもいいと思います。

当院では、

高さ調節がらくらくできる枕の販売や、睡眠に関する相談、寝違いの治療など行っております。

睡眠でお困りの方、ぜひ一度お問い合わせください。

 

電話からのお問い合わせはこちらから

044-861-6220

ホームページからのお問い合わせはこちらから

banar-net-yoko

アプリダウンロード方法

iPhoneの方

    

Androidの方

※AppStore/Google Play Storeで宮前まちの整骨院と入れていただくと、アプリが検索結果に反映されます