こんにちは

 

暖かくもなり、運動を始めた方も多いかと思いますが……

運動をする前に、準備体操をしっかり行えていますか?

9b8034b6528880d518edfe7329c4f68b_s

 

準備体操せずに、運動を行い怪我する方が増えてきています。

そこで今回は、準備体操について書いていきたいと思います。

準備体操の特徴

準備体操の効果

準備体操を行うことで…..

①筋肉の柔軟性上げる

373010

 

②筋肉の反応速度を上げる

525068

 

③心拍数上げる

30bcbf531914093f23386916bca04100_s

 

④関節の可動域を広げる

写真 2016-08-23 16 37 44

 

⑤持久力の向上

51e10d92ef29433889cab220405f54f1_s

このような効果がえられます。

 

準備体操を行うタイミング

1eb6abe301cd0583bb7d9aeeb5b37f94_s

準備体操は行う内容によって異なりますが、効果が持続するのは30分です。

余裕を持って運動する10分前には準備体操を行うようにしましょう。

 

 

ストレッチの種類

静的ストレッチ

動かさずに、一定の範囲で筋肉を伸ばして、静止して行うストレッチです。

a2bd864fb7c7b12d5eaf8dd57f8034ec_s

疲労で硬くなった筋肉を伸ばすことで、疲労回復やリラックス効果を得られます。

また、身体の硬い人にも柔軟性の向上にも適したストレッチです。

 

動的ストレッチ

一連の動きの中で行うストレッチの事で、

関節を動かしながら筋肉の伸縮をさせたり、反動つけて大きく動かす方法などがあります。

種類として主に二つあります。

①ダイナミックストレッチ

0a570ed86ba728570779465a7bfbdacf_s

関節を曲げる、伸ばす、まわす、といった動作を行い、

筋肉を縮める、伸ばす、といった反動動作を繰り返し、徐々に可動域を広げる方法です。

サッカーの準備体操でも行っている「ブラジル体操」がこれに該当します。

 

②バリスティックストレッチ

Œh˜V‚Ì“ú‚P

筋肉の反動を使い、リズミカルに筋肉や腱を伸ばして、徐々に可動域を広げていく方法です。

「ラジオ体操」がこれに該当します。

 

静的・動的ストレッチの活用方法

準備体操で行うといったら、静的ストレッチをしている方が多いと思いますが、

近年の研究では、

静的ストレッチのみでは準備体操の効果は充分に得られない、

動的ストレッチを行った方が、筋肉や関節を動かしつつ心拍数を向上出来ると発表もされてます。

最初、全身を軽く静的ストレッチをして柔軟性を出し、

その後、動的ストレッチを行い、心拍数を上げながら、可動域を出していく方法がいいかと思います。

 

 

最後に

準備体操は、ケガを予防するだけでなく、

可動域を上げる事で、パフォーマンス向上につながります。

このブログを生かしていただいて、明日から運動を行う際には準備体操を行っていただいと思います。

 

当院では、準備体操不足による運動中の怪我の治療も行っています。

お困りの方は是非、当院にお問い合わせください。

 

電話からのお問い合わせはこちらから

044-861-6220

ホームページからのお問い合わせはこちらから

banar-net-yoko

アプリダウンロード方法

iPhoneの方

    

Androidの方

※AppStore/Google Play Storeで宮前まちの整骨院と入れていただくと、アプリが検索結果に反映されます