こんにちは!

12月も中旬に突入しました。

あと少しで今年も終わりますね。

12月はクリスマスや年越しとイベント事も多く、体調を崩さずに楽しく過ごしたですよね。

しかしこの時期は感染症が流行します。

とくに今年は、「マイコプラズマ感染症」が流行ってるみたいですね。

そこで今回は「マイコプラズマ感染症」について書いていきたいと思います。

 

 

マイコプラズマ感染症の特徴

 

潜伏期間

緑

マイコプラズマ肺炎は潜伏期間が長く、2~3週間です。

潜伏期間中、他の人に咳やくしゃみを通して感染してしまう事が多いです

 

症状

・痰を伴わない乾いた咳

・発熱

・頭痛

・全身倦怠感

 

合併症

・肺炎

476442

解熱剤を飲んでも38度以上の熱が下がらない場合、乾いた咳が続く場合は、

肺炎を合併している可能性があります。

 

また、大人と子供で少し症状も変わります。

子供の場合は、主に肺炎の症状が出ます。

236acf4b54bb39ec5535c87ff424e75d_s

 

大人の場合は、重症化して呼吸不全になる可能性があります。

心臓

 

 

・気管支炎

514922

マイコプラズマが増殖して、気管や気管支の粘膜を破壊して、

喘息に似た症状が出ます。

 

 

マイコプラズマ肺炎の予防方法

 

手洗いやうがい

64ef8abf4e3b1a9be0aa1937beedf22d_s

基本的にマイコプラズマ肺炎は、手や口を通して感染する事が多いため、

基本的な事かもしれませんが、手洗いやうがいを徹底するのが大切になってきます。

 

マスクの着用

a47f536bab19ca80a5889e741c8a53c1_s

人込みでも感染する可能性があります。

その場合は、マスクを着用して感染を防ぐのもポイントになります。

 

最後に

大人の場合は症状が重症化してしまう場合があります。

風邪との見分けがつきにくい症状になりますが、

「乾いた咳」が続くようであれば、一度病院を受診して、

適切な治療を受けて悪化するのを防ぐ事をおススメします。

 

また、免疫機能が落ちてしまうことも、こういった感染症になる可能性が高くなります。

免疫機能が落ちる原因の一つに冷えがあります。

当院では、月1回健康教室を行っています。

明日は、「冷え性」について行います。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-13-13-56-33

まだ、参加人数に若干の空きがあります

興味ある方は是非ご参加ください。

お問い合わせはこちらから!

電話 044-861-6220

banar-net-yoko