こんにちは!

日中は温かいですが、朝晩は冷え込みますね。

この時期大変なことといえば、、、

「朝、布団から出て起きること」ですよね。

なかなか、布団か出れずに寝坊してしまう方も多いのでは?

そこで今回は、寒い朝でもスッキリ起きるために必要なことを中心に書いていきたいと思います。

 

布団から出るのが億劫になる理由

①日照時間の短さ

冬は他の季節に比べて日照時間が短いと、

日照によて体内リズムを調節しているホルモンに影響が出てしまいます。

83343bc7890cf80305ed31050ff6ae03_s

結果、体内リズムに変化が生じてしまい眠りが浅くなってしまいます。

 

②体温が低くなる

冬は気温の低下の影響によって、身体の末端部に血流がいきにくくなります。

SVG-Export-2016-6-6-7-40

人間は、就寝時に熱を放熱して、起床時に熱を上昇させます。

末端の血流が悪いと、この体温調節が上手くいかないため、

眠りにくくもなれば、朝起きにくくもなってしまいます。

 

 

布団か出るために大切なポイント

 

①起床時、部屋を明るくする

朝、目が覚めた時に大切になってくるのが、「光」です。

b837d8da4027c3f7c19e13a3b4764cfd_s

人間は光によって、眠気を引き起こすメラトニンという物質の分泌が止まります。

目が覚めても、部屋が薄暗いままでは眠気も止まりません。

布団から出なくても届く位置で電気を操作したり、カーテンを開けて日の光を取り込めるようにして、

部屋を明るく出来るようにしましょう!

 

 

②手足中心のストレッチ

手足などの末端が冷えてしまうと、血流の流れが悪くなってしまいます。

起きるためには、体温を上昇させることがポイントになります.

体温計

血液の流れが悪いと、体温を上昇させるのが難しくなります。

 

そこで、布団の中で、

手や足を動かして末端を温めるようにしましょう。

例えば、手首回りをこのようにストレッチする、

hizi

こういった簡単なストレッチでいいので、布団の中で行い身体を温めるようにしましょう。

 

行う順番としては、最初部屋を明るくして目を覚まし、そのままストレッチを行うといいと思います。

 

最後に

寒い朝に布団の外に出れない事は多くの方が悩んでいるかとは思います。

目覚まし時計を遠くに置いて強制的に布団から出るという方法もありますが、

布団の中でも出来る事は、あります。

今回挙げた2つのポイントは布団の中でも出来る事なので、是非実践してみてください。

 

当院では、寒いこの時期に多い急性の疾患から冷え性など慢性疾患にも対応しています。

お困りの方は是非、当院にお問い合わせください。

banar-net-yoko