こんにちは!

リオオリンピック、盛り上がってますね。

史上初の卓球男子のメダル獲得、

88e5132be450bd0181b9efa4b2405ab4_s

柔道男子は全階級でメダル獲得、

275047

日本人選手の活躍、素晴らしいですね。

 

そんな日本人選手の活躍を一目見ようと、部屋を暗くして、夜通しテレビを見ている方も多いのでは?

そうすると、負担がかかってくるのが「目」ですね。

de88cccba552231c75a0eb28ec68a6ea_s

ということで、今回は「視力」について書いていきたいと思います。

 

 

視力の特徴

視力低下とは?

屈折異常や調節異常により起こります。

屈折異常は主に3つあります。

①近視

視界のピント調節な重要な、「毛様体筋」が収縮して硬くなってしまうので、ピントが合わなくなり、

遠くが見えにくくなります。

 

②遠視

視界のピント調節な重要な、「毛様体筋」が弛緩して緩くなってしまうので、ピントが合わなくなり、

近くが見えにくくなります。

 

③乱視

目のレンズの役割をしている水晶体が左右非対称性になるため、

ピントが合わなくなり、見る物がぼやけたり、重なって見えたりします。

 

 

視力低下の原因

 

Aブルーライト

9feb007ea6424816d52504bf9c754dce_s

ブルーライトは他の光に加えて光のエネルギーが強く、目にかなりのダメージを与えます。

テレビやPCやスマホから発する光に多く含まれています。

 

B物を見る距離

べ

距離が近すぎると目にかなりの負担をかけてしまいます。

適切な距離を保つことが大切です。

例 ・スマホ、本を読む、字を書く→30センチ以上、目から離す

  ・テレビやパソコン→画面の高さの3倍以上、目から離す

 

C眼鏡やコンタクトレンズが適切じゃない

d15beeecc57cf37801ff0370eef56374_s

度数が合っていない物を使用していたり、汚れのある状態で使用していると、目にはかなりの負担がかかります。

 

 

視力回復に効果的な条件

1、目の疲れをとる

目の疲れを放置していると、視力は回復するどころか低下します。

しっかりとケアしましょう!

 

・温かいタオルを目の上に置く

血行が促進され、使い過ぎで凝り固まった目の筋肉がほぐれます。

 

・目のマッサージ

目を閉じて、中指と人差し指で目の周りの骨に沿って押すことで、筋肉がほぐれます

目玉を押さないように気をつけましょう。

 

 

2、目の運動を行う

目の運動を行う事で、筋肉がほぐれ動きが良くなります。

 

・遠く、近くの物を見る

近くの物(30cm程度)を見て、遠くの物(2m程度)を見る。

これを30秒ずつ繰り返す事で、ピントの不具合の改善につながります。

 

・眼球運動

頭を動かさないようにして、目だけを上下左右に動かします。

目の周りの筋がほぐれます。

 

 

3、目に良い食事

視力回復に良いとされる食べ物をい摂取する事で、視力の回復につながります。

 

・アントシアニン

ブルベリーなどに多く含まれます。

08f3b6877ac16185d3123fa868505888_s

視界の情報をキャッチする網膜という部分の働きを助けます。

 

・ビタミンA

ウナギやレバーに多く含まれます。

0cffb8c2b1c5f3fde65ba42bf58186b2_s

目に入ってくる光の量の調節に役立ちます。

 

 

最後に

視力を回復させるには、この3つが大切となります。

オリンピック観戦で目を酷使している方は、是非実践してみてください。

 

当院では、目の疲れで現れる肩や首の疲れに対しての治療も行っています。

お困りの方は是非、当院にお問い合わせください。

       banar-net-yoko