こんにちわ!

ここ最近、急激にスマホの需要が高まり、電車内、街中、周りを見渡せば、みなさんスマホを操作していますよね。

調べ事するにしても、連絡するにしても、ゲームするにしても、スマホ一つあれば出来ますよね。

便利な反面、使う時の姿勢や使った後のケアを怠ると、体調の悪化につながります。

そこで今回は、スマホがもたらす身体の悪影響とその対策について書いていきたいと思います!

 

 

スマホの影響

スマホ操作時の姿勢の種類

 

①「ピサの斜塔」タイプ

motare

普段こんな感じで、壁にもたれてスマホ操作してる方多いと思います。

 

まるで、

ピサの斜塔

ピサの斜塔をイメージしているかのように…..

 

このような姿勢でスマホを操作していると、身体はこうなっています。

もたれ

下半身は地面と真っ直ぐなのに対して、上半身は壁にもたれて、矢印の部分から急激に斜めになっていますね。

壁にもたれると一見、楽そうに見えますが、腰から背中にかなりの負担がかかり、腰痛や背中の痛みを発症してしまいます。

 

 

 

②「ロダンの考える人」タイプ

すわり

 

普段、電車や自宅で座ってスマホを操作する時、このような姿勢の方多いと思います。

 

まるで、

考える人

ロダンの考える人になりきっているかのように….

 

このような姿勢でスマホを操作していると、身体はこうなっています。

まるまり

首や、背中がかなり丸まっていますね。

ついついスマホの操作に夢中になると、なりがちなこの姿勢。

しかし背中や首の丸まりがかなり強いため、首のだるさ肩こりの原因になってしまいます。

 

 

 

③「スフィンクス」タイプ

ねる1

このように寝る前、マッサージ前に、横になってスマホ操作している方も多いと思います。

 

まるで…..

スフィンクス

スフィンクスをマネしているかのように…..

 

このような姿勢でスマホを操作していると、身体はこうなっています。

ねる

背中は反っていて、首は丸まっていますね。

この姿勢では、背中を痛めたり首がだるくなってしまいます。

また、体重を肘で支えるため、痛めてしまいます。

 

悪い姿勢がもたらす影響

ピサの斜塔タイプ、ロダンの考える人タイプ、スフィンクスタイプ、それぞれのタイプに共通することは、

身体にとって悪影響だということです。

姿勢が崩れ、それが持続すると…….

写真_2016-05-25_12_49_16[1]

このようにあらゆる身体の不調につながります。

他に、寝違えぎっくり腰になる可能性が高くなります。

悪い姿勢が続くのは、非常に危険なんです!!

 

 

最後に

スマホを操作をするにあたって、理想的な姿勢はこの姿勢です。

写真 2016-06-21 14 59 47

スマホを目線の高さに持ってくるのがポイントになります!

これは座っていても、立っていても、同じです。

寝ながらスマホを操作するのはどの体勢でも負担がかかるため、しない方がいいです!

 

このような良い姿勢でスマホ操作を操作するのは、正直難しいと思います。

だからと言って、姿勢が悪くなると身体にとっては悪影響です。

 

 

悪い姿勢でスマホ操作していまった時は、ストレッチをしましょう。

 

首を回すストレッチ

Processed with MOLDIV

背伸び

e683cf32e215f814213d2ad413c8ed31_s

 

このようにして、悪い姿勢で硬くなってしまった部分に対してストレッチをしましょう!

そして、少しでもいい姿勢を意識して、スマホ操作をしていきましょう!

 

当院では、姿勢が原因で起こる身体のトラブルの改善や、姿勢の改善が出来ます!

お困りの方は、当院にお問い合わせください。

    banar-net-yoko