ブログをご覧のみなさん、こんにちは!

 

梅雨が近づき、湿度も上がり、寝苦しい夜になってきましたね。

最近、「寝付きがよくないなぁ」と悩んでいる方もいるのでは?

 

寝つきを悪くする原因は、普段何気なくしているこだったりします。

そこで今回は、「寝つきを悪くする原因とその対策」について書いていきたいと思います。

 

まずは寝つきを悪くする「寝る前の行動」についてです。

 

寝る直前までこのような事している方いませんか?

 

スマホ①

スマホ操作している。

 

テレビ①

テレビを見ている。

こういった方多いと思います。

実はこれ、寝つきを悪くする原因になりやすいんです。

テレビやスマホから発する光は、部屋の照明の光よりも強く

「メラトニン」という睡眠に関わるホルモンの分泌を抑制してしまいます。

 

対策としては、

「就寝2時間前にはテレビやスマホを見ない」というのが理想です!

しかし、それは現実的に難しいと思います。

その場合は、就寝前はテレビやスマホの照度を下げて対応しましょう。

 

 

次に寝る前の体温に関してです。

834b16f3f51ab326eba726635ecc326f_s

人間の体温は、眠りにつく時に約1度下がります。

体温が低下すると、働いていた身体の機能が休息モードになるため、眠りに適した状態になります。

寝る前によくやってしまいそうな事をしてしまうと、この体温の変化を妨げてしまうことがあります。

 

例えば、、、、

 

5e8108c562220da04e523b76c696c3a6_s

食事をとってしまう方。

 

6aef0596c690a615b4e7f82fa09ce4dc_s

熱いお風呂に入ってしまう方。

 

これをしてしまうと、体温がかなり上昇してしまい、体温がなかなか下がらずに、眠りにつくのを妨げてしまいます。

 

対策としては、

食事の場合、就寝6時間前に食事を済ませるがベストです。

食事の消化は約6時間かかるので、これがベストです。

しかし、これは現実的にかなり難しいです。

この場合、

就寝2時間前に食事を終える。

消化に良い物を食べるようにして内臓の負担を減らす。

これで、対応してみましょう。

 

入浴の場合

熱すぎるお風呂では、体温が上昇しすぎてしまいます。

温かめのお湯にゆっくりつかる」で対応しましょう。

これをすることで、身体の緊張をほぐし、体温の下降をスムーズにします。

 

ここまで、いくつかの原因を書かせていただきましたが、

最近、寝付きの悪い方いかがだったでしょうか?

今日、書いた原因と対策は今日からできるものになっています!

該当する項目があった方、ぜひ今日から改善してみてください。

 

当院では、

睡眠の妨げとなる身体の不調にたいする施術や、快眠枕の販売など、

いつでも睡眠に関するトラブルに対応できます。

 

睡眠でお悩みの方、ぜひ当院をご利用ください!

http://www.machino119.com/yoyaku.html