トップ > 院長よりメッセージ

院長よりメッセージ

院長より

「お医者さんに聞いて分からないことは、私に聞いて下さい。
できるだけ分かりやすく、的確に教えます。」


小林篤史、肩こり・姿勢治療のスペシャリスト


初めまして、院長の小林篤史と申します。

数ある整骨院・鍼灸院のホームページの中から、「宮前まちの整骨院」のこのページをご覧下さり、ありがとうございます。

少しこの「宮前まちの整骨院」の院長であり、またビオラ整骨院グループ3院の代表である、私、小林篤史の自己紹介をさせて頂きたいと思います。





s-miyamae_logo_24.jpg 学生時代の「悲しい過去」

3人兄弟の長男(2番目)として生まれました。
小学3年生の頃から野球を始めました。


ちょうどその頃、甲子園では横浜商業高校(Y校)が春夏準優勝をしていました。
あの青いユニフォームに憧れ、また小学校の卒業アルバムに「将来プロ野球の選手になりたい」そう心に誓ったものです。


担任の先生や部活の仲間の反対を押し切るような形で、憧れの横浜商業高校に入学。
部員150名という大所帯の中の高校生活をスタートしました。


1年生のうちは球拾いか走らされてばかりで、体力的にキツいときもありましたが、「いつかあの青いユニフォームを着て甲子園で!」という気持ちで必死についていきました。


1年の夏、母校が甲子園に行き、アルプススタンドで応援しました。
ベスト8という輝かしい成績を収め、「自分の代でも!」という気持ちでいっぱいでした。


が、甲子園から帰ってきてすぐに、腰の痛みに悩まされます。
以前からあったものでしたが、無理がたたったのか、走れない日々が続きます。
毎日整形外科で牽引し、痛みどめの薬を常用する日々・・・
治ると信じて2ヶ月間通院したのです。


が、痛みは一向に治まらず、そのうちその

「治らないのではないか・・・」という不安な気持ちが、

「満足な生活が送れなくなるのではないか・・・」という恐怖になりました。

親にも同期のメンバーにも誰にも相談できずにいたのです。


そんな中、私は志半ばで自分の夢に自分自身でピリオドを打ったのです。





s-miyamae_logo_24.jpg フィットネスクラブでインストラクターに!



腰痛で野球部を退部した後、実は自分の中で煮え切らない想いでいました。
悔しい気持ちを抱えたままでいたのです。


そんな中、大学に進学するときに、周りが驚く決断をします。
それは「体育系の大学への進学」でした。


私は背は低く体重も50㎏台、走るのも遅いし、パワーがあるわけでもない。
体力に自信がないのです。


しかしそれにも関わらず体育学科を目指した理由は、
「どうやって身体を鍛えればいいのか?」
ということを学びたかったのです。


その後、フィットネスクラブでエクササイズのインストラクターとなり、週に5日トレーニングに励みました。
おかげで53kgだった体重が、62kgまで増え、しかも体脂肪が一ケタという、見るからに理想のカラダを手に入れたのです。


ベンチプレスも100kg近く挙げれるようになり、「インストラクターの見本」的な存在になりました。


が、その反面、自分の悩みは解消されないままでした。
それは、「腰痛が改善するどころか、悪化していた」のです。


腰痛は腹筋をすることで治ると言います。
特に私の腰は、腰椎の前弯が強く腰が反っていたので、腹筋することで改善されるだろうと思っていました。


が、立っていられないほど腰が痛くなるのです。
これには私も参りました。


大学卒業後、紆余曲折して、たまたま知人の紹介でカイロプラクティックに出会います。
カイロプラクティックを行うことで腰痛がその場で全くなくなったのには驚きました。


今後同じ身体に関わるにしても、「根本から治す」仕事をしたいと考え、施術家としての門を叩くことにしました。



s-miyamae_logo_24.jpg 整骨院研修時代



この業界に入り、初めて勤務した整骨院は、宮前区にありました。
今まで全くなじみのない地域に引っ越してきたのですが、そんな若輩者の私のことを、来院される患者様一人一人が気遣ってくれたことを今でも憶えています。


いつかこの方々のために力を注ぎたいという気持ちを固めていました。


その後初めて「師匠」と呼べるような出会いをし、その先生からのお誘いを受け、葛飾区にある整骨院に「弟子入り」しました。


この業界ですが、当時朝から整骨院に勤務し、夕方から学校に行くというスタイルをとる人が多いのですが、私の場合、学費と生活費、そして勉強のための教材やセミナー参加費などを捻出するために、午後9時過ぎに学校が終わった後、マッサージ院に行き、翌日まで働いていました。
朝も5時台に電車に乗っていたので、寝る時間は2,3時間が普通でした。


しんどかったですが、いろいろ学ばせてもらっていましたし、目の前の患者様のため、一緒に働く仲間のため、そして自分を救ってくれた師匠のためを思うと、胸に燃えるものがあり、とても充実した時間を過ごさせて頂きました。


この時期の事についてのエピソードがあるのですが、この修業時代の「ファッション」「ドラマ・映画」「音楽」などについて、全く記憶にないのです。
「こんなこと知らないの!?」ということも知らない事が多いのです。


そのくらい一生懸命勉強していたんだなあ・・・と当時を振り返り思います。



s-miyamae_logo_24.jpg 念願の開業



その師匠の元を家庭の事情により1年だけ離れ、足立区の整形外科・内科のリハビリ室で主任をしました。
整形外科での勤務は医療現場を見るという意味で、とても斬新的でした。


こういうときにドクターはどういう対応をするんだろう、整形外科だけでなく外科、内科、皮膚科の先生もいたのと、経験豊富な看護師の方もいらっしゃったので、いろんな立場からの意見が聞けて、勉強になりました。


その後、元の師匠の元に戻り、接骨院分院の新規立ち上げに参加し、1年で一応の形にして、自分自身の整骨院の開業に踏み切ったのです。



s-miyamae_logo_24.jpg 最近「健康」「医療」について思うこと



2012年現在、開業して6年が過ぎ、現在は整骨院も3院経営させて頂いております。


整骨院にはいろんな院があり、それぞれ特色があると思います。
どの整骨院に行っても同じではない、業界にいるとそれはつくづく感じています。


ただ一番困っているのは、一般市民ではないでしょうか?


うちにいらっしゃる患者様から出る言葉として、

「こういう症状って、どこに行ったらいいか分からないのよ。」

「整骨院って行ってみなきゃ分からない。」


つまり、

「今自分がどういう状態で誰に何をしてもらえばいいか分からない」

そういう方がほとんどなのです。


情報がたくさんあり、その中で何をしたらいいのかピックアップするのはご自身・・・
その情報がいくらテレビで放映されていたからといって、その方にとって正しいかどうかを見極める必要があるのです。
そこはプロの目が必要なのです。


また治療とは、身体を治すことです。
機械の壊れた部分を直すのとは異なります。
機械は部品と取り換えが利きます。
が、人間ではそれが無理です。


そして一番異なること、それは、

「人には感情が伴う」のです。


感情によりいくらでも身体は良くもなり、悪くもなります。
その感情というものにアプローチできるか否かも、施術の結果に関わってくるのです。


どうしてもこの業界には、「技術だけ」とか「知識だけ」
もしくは「経営だけ」という形で、どちらか極に学ぼうとか習得しようという人が後を絶ちません。


しっかりと状態と状況を訊き出すコミュニケーションも必要なのです。
私もこのような施術家にならなければと思いますし、こういう施術家を育てていくのが使命だと考えております。



s-miyamae_logo_24.jpg このような方のお力になりたい!



私の施術費は、30分6,000円とさせて頂いております。
マッサージ屋さんのマッサージの相場が、30分だと3,000円、今ではもっと価格が下がっているはずですので、時間だけでみると金額が2倍以上になります。


かといって、「お金のない方は受けるな!」と言っているわけではございません。


私には今まで培ってきた医療知識や施術の技術だけでなく、悪いところを瞬時に探し出す力クライアントが本当に求めているものを引き出すカウンセリング力何をしたらいいか分からない方に対して道を指し示すこともできます。


そして本当に「治るんだ・・・」という前向きな気持ちにさせることができると思います。


今までどこに行っても満足した結果が得られなかった方は、違いが分かると思います。


ちなみに私は「ゴットハンド」ではございません。
全て今まで培われてきた職人技です。


なので、施術内容について全て説明できますので、安心して受けてください。


今の世の中は、社会的にかなり住みやすく、生活しやすくなっているはずですが、何故か症状を抱えている人が後を絶ちません。
一生懸命治そうと努力されている方が多いのですが、なかなか実を結んでいないように思います。
 

野球において、肩や肘の故障が治らず、苦しんでいる方、
 
 
ギックリ腰を繰り返し、仕事も困難な方、
 
 
70歳過ぎてだんだんひざが痛くなり、旅行に行きたいが行けないと諦めている方、
 
  
育児で肩や腰が痛く、また精神的につらい思いをしているが、一人で悩んでいる方、
 
 
頭痛がひどくて、仕事にもならない方、
 
 
激しい痛みの為、人生に絶望感を感じている方、
 
 
こんな皆さんに歩むべき道を示し、希望の光を見せるのが私の役目であり、使命だと考えております。


もしあなたが本当に改善したいのなら、私は力になれると思います。
 
 
自分一人で悩むのではなく、そのつらさを共感し、一緒に改善していきましょう。





 
 

猫背治療には「猫背矯正」小林篤史

 
 
 
  
【プロフィール】
岩手県久慈市生まれ
神奈川県横浜市戸塚区(現泉区)出身

野球でプロを目指していたが、高校時代腰や肩、肘の痛みなど度重なる故障により、断念。
その悔しさから、大学時代は機能解剖学、トレーニング理論を専攻し、卒業後治療家への道を進む。
 
2006年、川崎市宮前区宮前平の地に「宮前まちの整骨院・宮前まちの鍼灸マッサージ院」を開院。

2008年、川崎市多摩区向ヶ丘遊園駅北口駅前に「ビオラ整骨院・ビオラ鍼灸マッサージ院」を開院。

2010年、株式会社イージアムを設立
     
      10月、川崎市宮前区宮前平駅前に「ビオラ整骨院・ビオラ鍼灸マッサージ院宮前平」を開
      院。
     
2011年、組織統合し、「ビオラ整骨院グループ」設立
     整骨院・鍼灸マッサージ院の運営、運営サポート、カウンセリング、コーチング等を行う。

2012年、9月「愛され治療家育成塾」立ち上げ
     治療家の育成に力を注ぐ。

     11月「一般社団法人日本施術マイスター養成協会」設立

2013年、4月、日本初の猫背矯正治療院V-Styleを開院
       
 

【各種セミナー、講演会講師として】 
 
○地域向け無料健康セミナー「ラクになるセミナー」シリーズ

○有料セミナー「姿勢力セミナー」

投球障害予防セミナー

○施術家向け有料セミナー
 ~肩こりの本当のしくみを開拓する~「肩こり施術革命!」セミナー
 
 ~腰痛の診かたを科学する~「腰痛シンプル化計画」セミナー 


 
肩こり施術革命、小林篤史
 
 
 
【治療プログラムクリエイターとして】

今まで考案した治療プログラム:
「猫背矯正」

○肩こり専門メニュー「肩こり整体パーフェクトコース」

○クイック鍼治療「早鍼(はやばり)」

○腰痛専門治療「腰ラク~る」
 
○セルライト除去用ダイエットプログラム「ULTRA SOUND(US) ダイエット」 
 
○リバウンドしないダイエットプログラム「アンリバウンドダイエット®」※登録商標 

 
施術家向けDVD


第1弾 「肩こり施術革命」

 
「肩こり施術革命DVD」


 
 
 
第2弾 「腰痛シンプル化計画」
 

 
「腰痛シンプル化計画DVD」



第3弾 「施術家・美容家のための猫背矯正」


 
「施術家・美容家のための猫背矯正」
 



 
◎特に今後の治療プランを組んで欲しい方は、ご相談下さい。
  
 
大変混み合っておりますので、ご予約はお早めにお電話(044-861-6220)

もしくは、こちらにてお願いします。


宮前区.JPにてインタビュー掲載!

詳しくは宮前区.jp掲載ページへ!


【メールマガジン】患者様向け、治療家向けにメールマガジンを発行しています。

治療家であるアナタが成長し、一人前になるためのメールマガジン「アナタのカラダに奇跡を起こす!」登録はこちら!

■ 登録・解除フォーム

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。



治療家の方は、こちらもご覧下さい。