ブログをご覧の皆さん

 

こんにちは!

川崎市宮前区の『宮前まちの整骨院』の鎌田です! kamada

 

 

長年の腰痛、ポッコリお腹、生理痛や便秘などのトラブルはございませんか?

実はそれらの原因は『骨盤』にあったのです!!

 

そこで今回は、「骨盤にまつわる話」をします。

 

 

そもそも骨盤って?

そもそも骨盤とは何なのでしょうか。骨盤とは、太ももと背骨の間で身体を支えるいくつかの骨の集合のことです。

実は骨盤は1枚の骨ではないため、身体の動きに合わせて骨盤も動くことができるのです。そのため正しい骨盤の使い方ができていないと痛みや歪みが表れ、それにより先に述べたようなトラブルに繋がってしまうのです。

 

骨盤は以下の骨から構成されています。

・寛骨:腸骨,坐骨,恥骨が17歳頃に癒合し、一体化する

・仙骨:5つの仙椎が癒合し、仙骨となる

・尾骨:個人差はあるが、3~6個の尾椎が癒合して構成される

 

また男性に対して、女性は出産の為に骨盤の中央が丸く広がっています。

骨盤で囲まれた空間の中には、子宮や膀胱、直腸が収まります。骨盤が歪んでしまうとこれらの臓器の機能に悪影響を及ぼしてしまうのです。

 

 

骨盤の歪みとは?

巷の接骨院やマッサージ院、整体院などでよく「あなたの骨盤、歪んでいますよ!」なんて言われた経験のある方もいらっしゃるかと思います。

では、「骨盤が歪んでいる」と言われてあなたはどんなイメージを浮かべますか?

・骨盤の骨が変形してしまっている

・骨が捻じれてしまっている

・反り腰になって歪になってしまっている

これらは「骨盤が歪んでいますよ」とお伝えした時の患者さんの反応です。本当にあなたの骨盤はこのような状態になってしまっているのでしょうか?

 

「骨盤が歪んでしまっている」からといって骨そのものが変形し、捻じれてしまうことはありません。

先ほど述べたように、骨盤はいくつかの骨で構成されています。つまりそれぞれの骨同士が関節を形成し、バランスを保っているのです。このバランスの乱れが『骨盤の歪み』なのです。

 

・イスに座る際に脚を組む

・女の子座りをしてしまう

・猫背

上記のような姿勢や癖は骨盤の歪ませる恐れがあるので、日頃からこのような姿勢や癖がある方は要注意です!

 

 

歪んだ骨盤を整える『骨盤矯正』

私生活やデスクワークなどで長時間、骨盤に負担をかけ続けることによって骨盤に歪みが生じます。そんな骨盤の歪みを整えるのに有効な手段が骨盤矯正です。

骨盤矯正と言っても骨や関節を変形させるのではなく、先に述べたように骨盤の形状を保つ筋肉にマッサージやストレッチ、その他の刺激を与えることで正しい形状を保つことができるように矯正するのが『骨盤矯正』です。

しかし、骨盤矯正というものに決まった手技や手法はなく、様々な治療院によって方法が異なります。また骨盤矯正は健康保険の適応外の治療になりますので、骨盤矯正を受ける際は、その治療院での骨盤矯正について十分納得した上で施術を受けるようにしましょう。

 

一例ですが、当院で骨盤矯正を受けた方は、2か月で写真のような変化が表れました。

hip

 

施術前は、お尻が上向きになっています。骨盤がずれて腰に負担が掛かっています。

施術を続けて2ヶ月後には、お尻が下向きになり、引き締まった感じが分かります。ズボンがブカブカになってきました。サイズ的には、5~10cm引き締まります。

 

施術の効果については個人差がありますが、お尻周りの見た目の変化だけでなく、

「ジーパンがスッと履けるようになった!」

「お尻がキュッと引き締まった感じがする!」

それに加えて、

「気がついたら、腰痛が無くなっていた!」

上記のようなご感想をいただいております。これは、施術によって硬くなって機能していない骨盤周りや股関節を緩め、周囲の筋肉を柔らかくすることから始めることによる効果が表れているからです。

ご自身の運動パターンは、長年の蓄積により偏った形で決まっています。その「決まりきったパターンからの脱却」、これがポイントなのです。ただその筋肉が柔らかく動くようになってきた時に、体感的に変化が見込まれます。

 

このような効果も骨盤矯正にはありますので、ご興味のある方は専門家へ相談してみると良いでしょう。

 

 

産後の骨盤矯正について

女性の骨盤が最も歪む瞬間は『出産』です。狭い骨盤の間を赤ちゃんが通ることで大きく広がり、その結果、骨盤が開いてしまうケースが多数です。

骨盤が開いたまま歪んでしまいますと、開いてできたスペースに内蔵が落ち込むようになります。そうなることで、見た目では下腹がポッコリと出るようになったり、身体の機能として内臓が圧迫を受けたり、血流が悪くなることで、便秘や重い生理痛、頻尿などの不具合が生じます。身体の土台である骨盤の形状が変化することで腰痛や肩こりなども感じやすくなります。

そのため、産後に骨盤矯正を受け、骨盤を正しく整え、上記のような不調を予防することは女性ならば必ずやっておくべきだと私は考えます。

 

では、産後からどのくらい経過してから骨盤矯正を受けるのが良いのでしょうか。

出産による身体への影響は大きく、産後直後、骨盤周りは負傷しているのと同じ状態になります。また身体の機能を調整する自律神経の働きも乱れやすいため、不用意に強い刺激に身体をさらさない方が良いでしょう。

具体的には産後1ヶ月~6ヶ月の間で骨盤矯正を受け始めることが良いでしょう。その頃になると出産による身体のダメージも多少落ち着いてきます。ですので、産後に骨盤矯正を受けるならばその時期に受けるのがおススメです。ただし、出産による身体への影響や回復具合には個人差がありますので、自身の体調を加味しながら受けるようにしましょう。

また出産から6ヶ月以降でも骨盤矯正の効果は十分に見込めます。あくまでも産後直後の歪んだ骨盤を整えるのにおススメの期間ですので、その期間が過ぎると効果がない訳ではありません。

 

 

まとめ

骨盤矯正を受ける際は、以下の点に注意しましょう!

 

・骨盤の歪みは骨盤のバランスの歪みです!

・日常生活のクセや出産などで骨盤は歪みます!

・骨盤矯正は保険適応外です!

・骨盤矯正の効果には個人差があります!

・産後は1ヶ月~6ヶ月がおススメです!

・それ以降でも効果は得られますがより継続性を求められます!

 

皆さんも骨盤の歪みを整えて、気持ちの良い生活を送りましょう!

 

 

 

ではでは(^O^)/