ブログをご覧の皆さん

 

こんにちは!

川崎市宮前区の『宮前まちの整骨院』の鎌田です!

 

 

突然ですが!

皆さんは『ロコモティブシンドローム』という言葉をご存知ですか?

 

これは2007年に日本整形外科学会が提唱した比較的新しい病です。

 

『運動器の障害』により『要介護になる』リスクの高い状態を指し、

その原因は、

・運動器自体の疾患(筋骨格運動器系)

・加齢による運動器機能不全

この2つに大別されます。

 

なぜ【ロコモティブシンドローム】について問いかけたのかというと、

 

この『要介護になる』リスクの高い状態の方が年々増えているからなのです!

 

 

『私は大丈夫!』

 

という方!

下記の【ロコモティブシンドローム】チェックをやってみて下さい!

 

そうでない方もぜひやってみて下さい!

 

 

◆あなたは大丈夫?ロコモティブシンドローム!

では、早速チェックを行います!

下記の項目にいくつあなたはいくつ当てはまるでしょうか?

 

 

1.片足立ちで靴下が履けない

2.家の中でつまずいたり滑ったりする

3.階段を上るのに手すりが必要である

4.横断歩道を青信号で渡りきれない

5.15分くらい続けて歩けない

6.2kg程度の買い物(1リットルの牛乳パック2個程度)をして持ち帰るのが困難である

7.家の中のやや重い仕事(掃除機の使用、布団の上げ下ろしなど)が困難である

 

 

あなたはいくつ当てはまりました?

 

 

実はコレ……。

 

 

1つでも当てはまる方は、

『ロコモティブシンドロームの可能性があります!』

 

でも、大丈夫です!

 

ロコモティブシンドロームは対策をすることで

最悪のリスクである『要介護』の状態を避けることができます!

 

 

対策については次回お話します。

 

 

 

ではでは(^O^)/