ブログをご覧の皆さん

 

こんにちは!

宮前まちの整骨院の鎌田です!

 

 

前回の最後でお話したように

『野球肩の治療は、整形外科か整骨院のどちらに通えばいいか』という疑問にお答えしようと思います。

 

◆野球肩になったらどこで診てもらえばいいの?

まずポイントになるのが整形外科と整骨院では私見ですが得意分野が違います!

 

整形外科:障害の診断が得意、レントゲンやMRIによる画像診断が出来る

整骨院:リハビリが得意、各種手技や電気を用いて患者さんに接しながら治療する

 

上記のように整形外科と整骨院では得意分野がこのように異なります。

 

つまり、状況に応じて使い分けることが大事なのです!

 

 

例えば、『肩の痛みがあり、全く腕が上がらない』

そんな場合は整形外科で肩の診断をしてもらうのが良いでしょう。

 

もしくは、肩の症状に強い先生のいる整骨院で判断してもらう方法もあります!

 

当院では、投球動作だけでなく投球障害に治療もこなす

ピッチングの専門家であるピッチングコーディネーター水本先生がいます!

 

base-mezasu-thumb-432x324-100

 

水本先生の経歴等はこちらをご覧下さい。

 

 

水本先生自身もピッチャーとして活躍していた時にケガに悩まされ、その経験から正しい投球フォームの指導、野球少年たちの投球障害の治療に全力投球しています!

野球肩になった時の治療だけでなく、痛みが治まった後にどのように現場に復帰するか、どんなトレーニングから始めるのか、また同じような障害を繰り返さない為に必要な練習やフォームを覚えさせることが重要であると水本先生は言います。

特に成長期の子供は、日々身体に変化が起きている為、その些細な変化を見逃さない専門家の視点が重要になります!

 

今回の記事を読んでご興味持たれた方は

一度宮前まちの整骨院にお問い合わせ下さい!

 

ご予約はこちらのページになります。

お電話番号は044-861-6220です。

 

投球障害の治療以外にも球速が5km/h速くなる投球フォームの指導も行っております!

ご相談お待ちしております!

 

 

ではでは(^O^)/