「1ヵ月半でウエストが13.5㎝減った」

「冷え性がなくなった」

「腰痛が改善された」

ほっトレを受けて頂いている方から様々な感想を頂いています。

初めてほっトレを受ける患者様から「週1回でも効果がありますか?」という

ご質問を多く頂いているので、今回はこの質問についてのブログをご紹介したいと思います。

 

ほっトレとは何なのか、について詳しくご紹介しているブログもありますので

気になる方はこちらからご覧下さい。

 

ほっトレは週1回でも効果があるのか?

ほっトレを継続していく中で理想のペースは週2回とお伝えしていますが

週1回でも効果を出すことができます。

上記で述べた1ヵ月半でウエストが13.5㎝減った方は週2回で続けられた方なので

週1回の場合は効果を出すまでにもう少し時間がかかってしまいます。

回数の目安で言うと約10回から効果が表れ、しっかりと効果を出すには約24回が必要になってきます。

 

なぜ週2回の方が効果がでるのが早いのか

運動をした翌日筋肉痛になった経験はありませんか?

筋肉痛は筋肉が強くなるために必要になってきます。

筋肉痛を説明すると、筋肉は細い筋が束になり構成されています。

例えば、筋肉の筋が10本あり、10本筋が切れてしまうと肉離れになってしまい

10本中3本筋が切れてしまうことを筋肉痛と言います。

切れてしまった筋が元に戻る時、人間の身体はもう筋が切れないようにするために

より太い筋を作ります。

その結果筋肉の筋が太くなり筋肉が強くなります。

 

週2回ほっとれを行うと効果が出やすい理由は、筋肉痛のサイクルにあります。

筋肉痛は2~3日で治ると言われています。

例えば今日ほっトレを行い、筋肉痛が治る3日後にもう1度ほっトレを行うと

常に筋肉痛の状態を作れるため効果が上がります。

「早く効果を出したいから週3~4回受けるのはダメなの?」というご質問を受けたことがあります。

筋肉痛が起きている時、ほっトレに限らずトレーニングをしてしまうとあまり効果がなく、むしろ身体が疲れるだけとなってしまいます。

効果を出すには身体を追い込むことも大切ですが、身体を休ませて筋肉が大きくなる時間を作ることも大切になってきます。

 

上記で述べた通り週1回でも効果を出すことができます。

週に1度筋肉痛を起こすことができれば筋肉を強くするサイクルを作ることができます。

お仕事で週1回しか来れない方でも継続して行うことができれば効果を出すことができます。

運動後に行いたいこと

運動後はタンパク質を摂取することをオススメしています。

理由は筋肉を強くするサポートをしてくれるからです。

タンパク質がたくさん多く入っている食べ物は

・納豆

a94f677d0b30e947a6e63aab2cef7288_s

・豆腐

41f1a950da5b1975ad8d2922fd65603a_s

・卵

7339c895c01eafb0db16b6ebaf132b91_s

上記に述べた食材にタンパク質がたくさん入っていますので運動後はぜひ食べてみてください!

 

最後に

今回はほっトレについてご紹介致しました。

いかがでしたでしょうか?

週1回でも継続して行うことができれば効果を出し目標を達成することができます。

体験会なども行っておりますので気になる方はぜひご相談ください!

 

 

 

電話からのお問い合わせはこちらから

044-861-6220

ホームページからのお問い合わせはこちらから

banar-net-yoko

アプリダウンロード方法

iPhoneの方

    

Androidの方

※AppStore/Google Play Storeで宮前まちの整骨院と入れていただくと、アプリが検索結果に反映されます