ブログをご覧のみなさん、、こんにちは!

6月に入り、今年も残すところ半年をきりましたね。2016年もあっという間にすぎてしまいそうですね。

半年間が過ぎ、疲れている方も多いのでは?

 

疲れてくるとよくみられるのが、、、

自分 頭痛

「頭痛」

今日はこの頭痛について書いていきたいと思います!

 

 

頭痛と薬

 

頭痛時の薬の服用

薬

頭痛の時、薬を服用している方も多いのでは?

薬を服用する事で発痛物質の効果を抑制します

しかし、根本の原因を取り除けないことも多く、長期に使用していく事で効果が薄れる事もあります。

頭痛の原因をつきとめてから、薬が効くかどうか、専門の方に相談し服用した方がよいです。

 

 

薬が効かない頭痛

 

緊張性型頭痛

身体的、精神的なストレスにより 筋肉に緊張が起により発生する頭痛です。

 

ときどき頭痛が起こる場合は、反復性緊張型頭痛といいます。

毎日頭痛が起こる場合は、慢性型緊張性頭痛といいます。

とくに、慢性型緊張性頭痛の場合は薬が効かない事が多いです!

 

緊張性型頭痛の原因

 

例えば、、

肩こり

「肩こり」

首こり

「首のだるさ」

 

一見、関係ないようにみえるこの二つですが、首や肩の筋肉に張りが出てくると、

筋肉内に疲労物質が溜まり、周囲の神経を圧迫し頭痛を引き起こします。

 

慢性型緊張性頭痛の場合は首や肩の筋の張りがかなり強い場合があります。

 

対策と予防

 

対策

自分でマッサージ首周りの運動を行い首や肩の疲れをとりましょう!

 

マッサージの場合

Processed with MOLDIV

首から肩にかけて、軽く指圧しながら赤い矢印にそってマッサージしましょう!

 

首から肩甲骨に付いている肩甲挙筋をほぐすことで、首や肩の緊張を緩めることが出来ます。

 

首周りの運動の場合

Processed with MOLDIV

首を右と左に回転する運動をしましょう!

ゆっくり大きく、回す事で、首周りの全体をほぐすことが出来ます。

 

予防

精神的にリラックスすることも大切です。

例えば、、

お風呂にゆっくりつかる

休憩の時に甘いものを食べる

適度な運動を行う

リラックス出来ることは、1人1人違うと思いますが、

忙しい時間を過ごす中でもリラックスする時間は確保して、精神的ストレスをために事を心掛けましょう。

 

最後に

 

頭痛で薬が効かない時は、原因として筋肉の緊張が考えられます。

薬を飲むだけではなく、マッサージなどをして筋肉の緊張をこまめにとるようにしましょう。

 

また、当院では頭痛治療も行ってます。

頭痛でお困りの方、ぜひ、ご相談してください。

banar-net-yoko