相談7:重い荷物を持ったときに傷めた腰

 

3日前に重い荷物を持った時に腰が痛くなりました。

痛みはまだ続いており、特にしゃがむ動作や前屈みになると腰が痛くなります。

痛くなる前までは、この様な姿勢をしても痛くなりませんでした。

この様な場合どんな治療をして頂けるのでしょうか。

ちなみに個人的には、最近始めたヨガがきっかけになっているのと、後は、出産も2度した後に骨盤矯正などのようなものをしなかったのが原因なのかと感じています。これらは今回の症状と関係性はあるのでしょうか。

 

回答:骨盤だけではなく、腰痛の種類を見極めてくれる院を探しましょう。

ご相談ありがとうございます。

 

今回の症状に関しては、急性的に痛めてしまった腰痛、俗に言う『ぎっくり腰』に当たるものだと思われるので、接骨院・整骨院では健康保険の範囲内で施術が可能かと思います。

 

状態を診ていないので何とも言えませんが、たぶん腰を曲げた状態で重たい荷物を持ち上げた際に腰部を捻挫してしまい、その際にもしかすると背中の筋肉の線維を傷つけてしまっている(挫傷している)可能性はあります。

 

この場合は、まずは痛みを緩和させる施術と患部を安静にさせるための処置を、傷めてしまった部分が回復するまで、こまめに施術を繰り返す必要があるように思います。

 

一般的なぎっくり腰であれば痛みだけであれば週3~5回ほどの2週間ほど行えば、軽減されると思います。

 

ただ、身体は痛みの方が早く落ち着くが傷めてしまった部分の機能回復には、更に1週間~2週間はかかります。

 

もし、足にシビレが出てるなどの症状がある場合は、症状が落ち着くのは、もう少し期間はかかると思っていて下さい。

 

今回は急な動作により腰を痛めてしまいましたが、ぎっくり腰は日々の負担・疲労の積み重ねで身体が耐えられなくなり、痛めてしまうケースがほとんどです。

 

もしかすると、出産後のケアが不足したために、土台となる骨盤が歪んでいたのかもしれません。

また、歪んだ状態でヨガを始めたことで今まで以上に身体への負担がかかり、今回の症状を引き起こしてしまったのかもしれません。

 

本来ヨガは身体にとって良いものだと考えられていますが、歪みがある状態、身体の使い方を間違えたりすると、それが逆に負担になり、その負担が蓄積して痛みに変わることも少なくないのです。

 

もし施術を行うなら、保険診療を用いて短期集中で痛みの除去と機能の回復を目的に行い、症状が落ち着いたら、今回のぎっくり腰を引き起こしたであろう身体の歪みを整える施術を行い、根本的に身体を整えていく必要があるかもしれませんね。