こんにちは!

誤った投球フォームが原因で起こる野球肘。

当院のYouTubeで、野球肘の原因を3つご紹介しています。

①股関節の柔軟性

②胸椎の伸展運動

③臀部の筋力低下

前回は「②野球肘と胸椎の伸展運動」についてご紹介致しました。

まだ、ブログをご覧になられていない方はこちらからご覧下さい。

 

今回は、「③野球肘と殿部の筋力低下」についてご紹介致します!

なぜ殿部の筋力が低下すると野球肘になりやすいのか

右投手の場合、左足を踏み込んでから、リリースの形を作るためには

1026

①左の股関節を内側に捻る           ②左右の骨盤をキャッチャーに向ける

 

この二つの動きが重要になってきます。

「①股関節を内側に捻る」動きで必要な筋肉は、殿部とももの前側の筋肉なのです。

殿部の筋肉が弱いと

・膝が外に割れるフォームで投げてしまいます。

蜀咏悄 2017-11-07 9 10 06

膝が外に割れるフォーム

膝が割れてしまうと下半身が上手く使えなくなり、上半身の力だけで投げてしまいます。

その結果、身体が開き肘が下がるフォームになってしまい、肘に負担をかけ野球肘のリスクを高めてしまいます。

他にも

・身体が開いてしまい、ボールが抜けやすくなる

・リリースポイントが安定しないため、コントロールが悪くなる

このようなデメリットがあります。

殿部の筋力をつけ、膝が割れないフォームを身につけることができれば

・肘が上がり、肘に負担をかけないフォームを身につけることができる

・球持ちがよくなるためボールが抜けにくくなる

・リリースポイントが安定し、コントロールが良くなる

このように上記で述べたデメリットを解消することができます。

トレーニング方法

今回はご自宅で殿部やももの前側の筋肉を簡単に鍛えられるトレーニング方法を1つご紹介したいと思います!

今回ご紹介するトレーニング方法はスクワットです。

スクワットをやったことのある方はたくさんいると思います。

しかし、誤ったフォームでスクワットを行っている方がとても多いのです。

今回は正しいスクワットのやり方をお伝えします!

①肩幅より少し広く足を開き、つま先は斜め45度にする

蜀咏悄 2017-11-07 9 10 31

②膝がつま先より前に出ないようにお尻を下げ、膝が90度になるまで下げる

蜀咏悄 2017-11-07 9 11 58

③膝が90度になったら元の姿勢に戻る

④この動作を1セット15回を目安に行う

 

スクワットを行う際に注意して頂きたいことが3つあります。

①背中を丸めない

蜀咏悄 2017-11-07 9 12 58

②膝をつま先より前に出さない

蜀咏悄 2017-11-07 9 13 24

③膝の角度を90度以下にしない

蜀咏悄 2017-11-07 9 13 37

この3点を注意して行ってみて下さい!

継続して行うことで、殿部やももの筋力は強くなってきます。

筋力が強くなれば、下半身の力が強くなり、球速がUPするだけではなく肘に負担がかからないフォームを身につけることができます。

最後に

野球肘になりやすい原因を3回に分けてご紹介致しました。

野球肘になる原因は他にもたくさんありますが、今回ご紹介した3つの原因を改善するだけで、野球肘になるリスクを軽減することができます。

当院では、怪我の治療だけではなく、怪我の予防のためのストレッチ、トレーニング方法の指導なども行っています。

野球について何かお困りの方はぜひご連絡下さい!

こちらも併せてお読み下さい。

>>野球肘の原因は意外にも○○だった!?①股関節の柔軟性について

>>野球肘の原因は以外にも○○だった!?②胸椎の伸展運動について

電話からのお問い合わせはこちらから

044-861-6220

ホームページからのお問い合わせはこちらから

banar-net-yoko

アプリダウンロード方法

iPhoneの方

    

Androidの方

※AppStore/Google Play Storeで宮前まちの整骨院と入れていただくと、アプリが検索結果に反映されます